ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鎌倉市観光協会について

昭和25年に発足して以来、「鎌倉まつり」、「鎌倉花火大会」、「鎌倉薪能」など、観光を通じて鎌倉の活性化につながる事業を展開し、更に新たな鎌倉観光の方向性を見据え、鎌倉の魅力をより多くの方々にお伝えすべく活動を続けています。

鎌倉市観光協会の事業理念

鎌倉市観光協会は、「武家の古都 鎌倉」の歴史と文化を守り、地域と共に国際観光都市づくりに貢献していきます。

3つの事業領域「3C」

鎌倉市観光協会は、会員の皆さんと共に、3つの役割に取組んで行きます。

鎌倉市観光協会のビジョン

(1)情報発信(Concierge:コンシェルジェ)

「武家の古都 鎌倉」の魅力を国内外に伝えるお手伝いをします。
鎌倉に訪れるためのお手伝いをします。

(2)行事・イベント(Coordinator:コーディネーター)

地域の活性化を図る企画を積極的に提案します。
観光資源の発掘と保護に取り組みます。

(3)観光連携(Conductor:コンダクター)

観光と住環境を考えたまちづくりに取り組み、ともに良い環境づくりに努めます。
行政、寺社、観光業者、地域住民等関係団体、個人との調和を図りながら連携を積極的に推進します。

運営組織

鎌倉市観光協会は、意思決定機関としての会員総会、執行機関としての理事会、監督機関としての監事、そして理事会で決議された業務を処理する事務局により成り立っています。また、重要行事には専門部会を設置し、会員の代表と事務局で運営を行っています。

理事会

理事会は、会員の代表として鎌倉市観光協会の運営に関し、重要な事項を決議します。21名の理事(会長1名、副会長2名、専務理事1名、理事18名)と2名の監事が就任しています。

専門部会

専門部会は、会員の代表として鎌倉市観光協会が主催する観光行事の運営を行っています。行事ごとに、1名の部会長と複数名の部会員で構成されています。

会員募集

鎌倉市観光協会では、当協会の目的である「観光宣伝及び観光客の誘致等に関する事業を行い、鎌倉市の観光事業の振興と健全なる発展に努め、併せて国際観光の振興に寄与すること」にご賛同いただける会員様を募集しております。入会については会員募集を参照ください。

鎌倉市観光協会の総会資料

鎌倉市観光協会の総会資料をご覧いただけます。ご覧になりたい年度をクリックしてください。

平成29年度 通常総会議案書[PDFファイル/2月06日MB]

鎌倉市観光総合案内所データ

鎌倉駅東口にございます観光案内所の来場客数などの観光データを、年度ごとに作成しております。ご覧になりたい年度をクリックしてください。

鎌倉市観光協会会報「かまたび」

鎌倉市観光協会が発行しております会報誌「かまたび」をデータでもご覧いただけます。ご覧になりたい号数をクリックしてください。

「かまたび」創刊号(2017年12月 発行)[PDFファイル/7月01日MB]
「かまたび」Vol2(2017年9月 発行) [PDFファイル/7.49MB]
「かまたび」Vol3(2017年12月 発行) [PDFファイル/7月29日MB]
「かまたび」Vol4(2018年3月 発行)
「かまたび」Vol5(2018年6月 発行) [PDFファイル/6月8日MB]
「かまたび」Vol6(2018年9月 発行) [PDFファイル/7.43MB]
「かまたび」Vol7(2018年12月 発行) [PDFファイル/6.99MB]
「かまたび」Vol8(2019年3月 発行)

鎌倉市観光協会のサービス

2019年4月現在

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>