ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第64回鎌倉まつり


第64回鎌倉まつり「静の舞」
第64回鎌倉まつり「静の舞」 西川流 西川 翠菜
(2022年4月10日撮影)

 

鎌倉まつりは1959年(昭和34年)から続いている鎌倉の春の観光イベントで、今年で64回目を迎えます。
毎年、4月の第2日曜日から第3日曜日にかけて鶴岡八幡宮を中心に静の舞、流鏑馬、野点席など、さまざまなイベントを展開。歴史と伝統が息づく、まさに鎌倉ならではの春の行事です。
 

例年、多くの方にご来訪いただいております「鎌倉まつり」ですが、「第64回鎌倉まつり」については、昨年に引き続き、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今年も規模を大幅に縮小して「静の舞」のみを実施し、例年実施しているそれ以外の催しは中止とさせていただきます。

 
なお、「静の舞」の実施・観覧については、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開催日を非公表で実施し、その様子を後日YouTubeにて動画配信いたします。「静の舞」を毎年見られている方はもちろん、これまでご覧になったことがない方もこれを機会にぜひご覧ください。​

 

 

「静の舞」について

  • あらすじ
    ​人々の胸に残り、語り継がれ、謡曲や浄瑠璃にも作られるなどして今に残されている静御前の悲しい物語。
    静御前が、愛する義経をしのんで舞った「静の舞」のあらすじをご紹介します。

  • 演者インタビュ
    第64回鎌倉まつり「静の舞」演者の西川翠菜さんに、「静の舞」の見どころや「鎌倉まつり」に対する思いなど、お話しをうかがいました。
  • オンライン無料配信
    鎌倉市観光協会公式YouTubeチャンネルにて5月13日(金)より配信します。​これまでご覧になったことがない方もこれを機会にぜひご覧ください(動画は、配信日以降であればいつでもご視聴いただけます)。

 

 

第63回鎌倉まつりの中止行事 

 

 

お知らせ 

 

  

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)