ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

極楽寺切通


極楽寺切通

ごくらくじきりどおし

 


極楽寺切通

 

 

坂ノ下から極楽寺、七里ガ浜、
片瀬方面へ抜ける道となっており、
鎌倉・京都往還の重要な出入口でした。
 

極楽寺の門前まで続く坂道は
「極楽寺坂」とも呼ばれており、
極楽寺の開山忍性によって切り開かれた
と伝えられています。
 

当時の切通は、
今の成就院境内の高さのあたりを通る
傾斜が急な細い崖道でした。

 
1333年(元弘3年)新田義貞の鎌倉攻めでは、
大館宗氏を大将とする
新田勢10万人の攻撃に対して、
北条方は強固な木戸でこの切通を閉ざし、
数万の兵力によって
ここからの侵入を防ぎました。

 
ここを突破できなかった義貞は、
このあと稲村ガ崎から
鎌倉に攻め込むこととなります。
 

今では道幅が広く、
ずっと掘り下げて傾斜も緩やかになり、
車が多く通行する道になりました。
 
 
 

基本情報

住所

鎌倉市極楽寺1-1-5(成就院)付近

電話番号

鎌倉市文化財課
TEL:0467-61-3857

見どころ

極楽寺切通の碑

行き方

江ノ島電鉄「極楽寺駅」から徒歩3分
江ノ島電鉄「長谷駅」から徒歩7分