ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

安養院(あんよういん)


もとこの地には尊観が開いた浄土宗の善導寺があった。のちに北条政子が亡き夫頼朝の冥福を祈って建てた長楽寺が焼失したため、鎌倉末期にこの善導寺の跡に長楽寺を移し、政子の法名である安養院を院号としこれが寺名になったといわれる。その後、江戸時代の始めに田代寺の千手観音を移した。本堂には北条政子の像などが安置されている。鎌倉三十三観音第3番・鎌倉二十四地蔵第24番。

基本情報

住所

鎌倉市大町3-1-22

電話番号

0467-22-0806

拝観料/入館料

100円

拝観時間/入館時間

8時00分から16時30分

見どころ

宝篋印塔(尊観の供養塔・国重要文化財)、日限地蔵碑

花の情報

[春]ツツジ
[秋]ススキ・ツワブキ
[冬]スイセン

その他

四万六千日詣り(8月10日)、12月29日から31日は拝観休止

行き方

JR鎌倉駅東口3番バス乗り場から「名越方面」行きで「名越」下車徒歩1分
  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>