ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和6年鎌倉の海水浴場特集!!


賑わう由比ガ浜海岸の写真

 

賑わう由比ガ浜海岸の写真

令和6年度も鎌倉の海水浴場が開設となります!
このページでは、鎌倉の3つの海水浴場の魅力に迫ります!

 

3つの海水浴場の情報を掲載しておりますので、

こちらの広報かまくら7月1日号 [PDFファイル/5.63MB]もご確認ください。

 

令和6年度鎌倉の海水浴場の開設決定について

鎌倉市では、例年、材木座・由比ガ浜・腰越の3つの海水浴場を開設し、多くの方々に海の魅力を楽しんでいただいてきました。令和6年度も令和5年度に引き続き、3海水浴場を開設します。

また、近年、海の利用方法が多様化していることから、海水浴場のあり方を、漁業組合、自治町内会、マリンスポーツ連盟、ライフセービング協会及び海浜組合など各関係者と一緒に検討し、お子様を中心に安全にマリンスポーツを始めることができ、海の魅力を学べる場となるような「ソフトボードエリア」を令和5年度の海水浴場から新たに設置しています。

各海水浴場のソフトボードエリア等についてはソフトボードエリアチラシ [PDFファイル/1.09MB]を参照ください。(※エリアでは周囲の方との距離に注意し、安全優先でお楽しみください。また遊泳地区に進入しないよう十分ご注意ください。)

このほか、海水浴場のにぎわいを維持しつつ、地域住民の生活環境との調和を図り、誰もが快適に安全・安心に利用できる海水浴場を確保するための取組みを実施していきます。

 

開設期間:令和6年7月1日から同年9月1日まで

開設時間:午前9時から午後5時まで

 

各海水浴場・現在の旗色

旗色=遊泳状況です
・青→遊泳「可能」
・黄→遊泳「注意」(※余裕をもって足の着く安全な範囲で)
・赤→遊泳「禁止」

 
海水浴場名 現在の旗色
材木座海水浴場

由比ガ浜海水浴
腰越海水浴場

(令和6年7月22日 9時00分 現在 )

「鎌倉市海水浴場のマナーの向上に関する条例」を守って楽しい海水浴を!

鎌倉市海水浴場のマナー

条例周知ポスター [PDFファイル/1.05MB]

鎌倉市の海水浴場では、上の行為が禁止されています。
誰もが安心して楽しめる海水浴場の実現のために、ご協力をお願いいたします。

 

鎌倉市海水浴場で守っていただきたいマナー

入れ墨やタトゥーシールは隠す!

音響機器(電源をつないだスピーカーや楽器等)は使わない!

砂浜では飲酒しない!(注1)

ゴミはゴミ箱以外の場所へ捨てない!

タバコは既定の喫煙所だけで吸う!

バーベキュー等、火の使用はしない!(注1)

遊泳区域内の海にペットを入れない!(注2)

危険な遊具(注3)は使用しない!(注2)

(注1)海の家は、この禁止事項の対象外です。
(注2)海水浴場開場時間(午前9時から午後5時まで)外は対象外です。
(注3)危険な遊具の例:サーフボード、野球やサッカーのボール、バット、フライングディスク等

 

ペット・動物を連れて散歩をされる皆様へのお願い

当市の3つの海水浴場では、上記の「鎌倉市海水浴場のマナーの向上に関する条例」や国際的なビーチの環境認証制度である「ブルーフラッグ」を継続的に取得している等の理由により、以下のとおり海水浴場の開場時間(9時~17時)において、海及び砂浜(一部エリアに限る)にペット・動物を入れないようお願いをしております。

(1)海へのペット・動物の立ち入り

規制エリア:市内3海水浴場の海の中

規制時間:海水浴場の開場時間(9時~17時)

規制の理由:遊泳者等の衛生面の観点から「鎌倉市海水浴場のマナーの向上に関する条例」にて禁止行為としています。

(2)砂浜へのペット・動物の立ち入り ※一部エリアに限ります

規制エリア:由比ガ浜海水浴場の一部エリアの砂浜(滑川河口から、その西側の2本の川(稲瀬川、美奈能瀬川)が流れている付近まで。概ね海の家があるエリアです。)

規制時間:海水浴場の開場時間(9時~17時)

規制の理由:由比ガ浜海水浴場の一部エリアは国際的なビーチの環境認証制度である「ブルーフラッグ」を継続的に取得しているエリアであり、ペット・動物を立ち入らせないことが当該認証制度の認証基準であることから、立ち入りをご遠慮いただくようお願いをしております。

皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

3つの海水浴場・3つの魅力

鎌倉には材木座・由比ガ浜・腰越の3つの海水浴場があります。3つの海水浴場には、3つの魅力があります。3つの魅力が、大人も子供も、ご年配も楽しめる鎌倉の海水浴場を形作っています。

それぞれの魅力を簡単にご紹介しますので、ご自分に合った海水浴場を見つけて、鎌倉の海の魅力を感じてください。

 

家族で訪れるのに最適!遠浅の材木座海水浴場!

鎌倉の海水浴場で最も東に位置する「材木座海水浴場」は海岸の遠方まで水が浅い「遠浅」の海岸として知られています。

「遠浅」であることにより、お子様が沖の方へ向かっても、急に深くなって足を取られる心配は低いので、お子様連れのご家族に最適の海水浴場となっています。

ウォーターローラーの写真また、今年もあります!子供向け海上遊具「ウォーターローラー」!!​
雄大な海の上、大きなローラーの中で遊ぶもよし、くつろぐもよし。きっと忘れられない夏の思い出になることでしょう。貸出しは監視所で行っています。例年人気のコンテンツなので、
順番待ち必至です。お早めにお越しください!

▶材木座海水浴場の詳細はこちらのページ

 

 

 

賑わいは鎌倉随一!由比ガ浜海水浴場!

由比ガ浜海水浴場の写真

鎌倉の海水浴場の中央に位置する「由比ガ浜海水浴場」は駅からのアクセスの良さと、毎年軒を連ねるバラエティ豊かな海の家で最も賑わう海岸です。

今年は、沢山の海の家が海岸に彩りを与えるだけでなく、神奈川県や海浜組合の協力でバリアフリー対応が進んでおり、車いす利用者の方でも、鎌倉の海を楽しみやすくなっています。

水陸両用車いすの写真海岸には、各海の家をつなぐ「ボードウォーク」を整備しており、車いすの方も砂に車輪が取られないように配慮しています。また、監視所では水陸両用車いすの貸出しを、土日祝日限定で行っています。貸出し時には、利用介助員が2人待機して、波打ち際まで車いす利用者をサポートします。

また、神奈川県により国道134号から常設の海岸トイレへ直結する「由比ガ浜みんなのスロープ」が整備されたため、車いす利用者の方でも利用しやすくなりました。

今まで海水浴をあきらめていた車いす利用者の方、この夏はぜひ!「由比ガ浜海水浴場」へお越しください!

▶由比ガ浜海水浴場の詳細はこちらのページ

 

 

「江の島×漁港」の風景を楽しめる腰越海水浴場!

腰越海水浴場から漁港を見た写真

「腰越海水浴場」は、鎌倉の最も西側の海水浴場で、お隣藤沢市の海水浴場と隣接しています。

鎌倉市の海水浴場の中では、人出の少ない場所ですが、その分、ゆったりと落ち着いて海の魅力を楽しむことができる、ちょっとした穴場となっています。

腰越海水浴場から江の島を望む写真そんな「腰越海水浴場」の一番の魅力は、なんといっても、ここにしかない景観。藤沢市のシンボル江の島と、漁港の風景を一度に楽しめるのは「腰越海水浴場」だけ!

ちょっと陸地に足を伸ばせば、江の電が路面電車になる区間もあり、夏の鎌倉の海でがっつり海水浴!もいいですが、お散歩がてらに立ち寄るのもオススメの海水浴場です!

▶腰越海水浴場の詳細はこちらのページ

 

 

ソフトボードエリアついて

エリアでは、ソフトサーフボード、ソフトニッパーボード、フィン付きボディボードのみ、リーシュコードを装着して使用することができます。その他の遊具の使用や遊泳はできません。

また、エリアでは周囲の方との距離に注意し、安全優先でお楽しみください。また遊泳地区に進入しないよう十分ご注意ください。

なお、材木座海水浴場と由比ガ浜海水浴場のエリアでは、漁船の出入りが優先となります。

小型船舶操縦者の皆さまへ

令和6年度も多くの人の来場が想定されるため、遊泳地区及び新たに設置するソフトボードエリア付近での航行には十分注意してください。また、コースロープへの係留は破損につながるため、おやめください。 なお、以下の3海水浴場ではドローンによる監視を行っています。 危険運転を発見した場合には、海上保安庁及び神奈川県警に通報し ます。​

(R06)小型船舶操縦者の皆さまへ [PDFファイル/561KB]

鎌倉の海水浴場は、さらに「誰もが安心して快適に楽しめる海水浴場」へ 

材木座海岸子供と大人が一緒に楽しんでいる写真

この数年、鎌倉の海水浴場では、「誰もが安心して快適に楽しめる海水浴場」を目指しています。

平成27年度には、海の家のクラブ化により悪化した海水浴場の風紀を改善するため、「鎌倉市海水浴場のマナーの向上に関する条例」を改正し、上記のとおり砂浜での飲酒などを禁止しました。その後、制定から数年にわたる周知徹底により、海水浴場の風紀は次第に改善されてきています。

この他にも、既にご紹介した「ウォーターローラー」のほか、監視員による監視体制を手厚くして、小さなお子様連れでも安心して海を楽しめる「キッズ&ファミリービーチ」など、海水浴場の風紀悪化を受けて足が遠のいていたご家族連れの方にも、鎌倉の海の魅力を感じていただけるよう、様々な取り組みを続けています。

「誰もが安心して快適に楽しめる海水浴場」を目指す鎌倉の海水浴場へ、ぜひ足をお運びください。

令和6年度鎌倉市海水浴場等津波避難訓練の実施について

令和6年7月13日(土曜日)午前10時30分から11時の間で、令和6年度鎌倉市海水浴場等津波避難訓練を実施しました。

訓練の結果は津波避難訓練実施結果 [PDFファイル/210KB]のとおりです。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)