ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【中止】小動神社天王祭(小動神社)


例年、7月の第1日曜日から第2日曜日にかけて江の島神社の末社である八坂神社の祭礼と同時に行なわれます。


※2021年は中止です

基本情報

日時

2021年は中止です

場所

小動神社

実施内容

【1日目:出御祭】
腰越の5ケ町のおはやしが八坂神社の神輿を迎えに行きます。5ケ町をつぎつぎと回り、神社下の天王屋敷に作られた仮宮に納められ、祭りが終わるまでここに宿します。

【2日目~6日目】
2日目から5日間は、神社境内から山車が各町内に引き出され、夕方になると囃子太鼓をたたきます。山車には人形が飾り付けられており、町内ごとに飾る人形が決まっています。

【7日目:宵宮祭(前夜祭)】
中央の神戸橋を境にして、橋向こうとこちらで山車が出会い、互いに別れます。
江ノ電「腰越駅」付近から小動神社の参道のあたりまで、お菓子や金魚すくいなどの屋台がならびます。

【8日目:本祭】
正午近くに各町内から人形を飾った山車が電車道に集まります。
仮宮に納められた神輿は海岸に向かい、安置所に移ります。囃子方や神主の行列と共に浜上町内を回り、藤沢市の龍口寺の山門前で江の島の八坂神社の神輿を待ちます。
江の島の一行は島での行事を済ませ、腰越からの迎えの使者の先導で腰越に入り、小動神社の神輿と並んで仮安置されます。
ここで一行は休憩をとったあと、両神社の神輿は小動神社にに向かって出発し、神社下の天王屋敷に着くとそこで祭典が行なわれます。
その後、江の島の一行は島に帰り、小動の囃子は来た時と同じように龍口寺前まで送り、8日間の行事がすべて終わります。

お問い合わせ

小動神社
Tel:0467-31-4566