ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鎌倉の別邸にしたい!自宅のようにくつろげる新ホテルが誕生

メトロポリタンからの景色イメージ

 

桜やアジサイ、紅葉、ビーチ、寺社めぐり、食べ歩き…と、いつ行っても魅力あふれる鎌倉。日帰りで遊びに行くのもいいけど、お泊まりだったら、終電を気にせずディナーやお酒、爽やかな朝のお散歩も楽しめます。そんな鎌倉の新しい過ごし方を叶えてくれるホテルが2020年4月24日に誕生!「ホテルメトロポリタン 鎌倉」の魅力をご紹介します。

 

 

 

駅近で、観光の拠点にベストな鎌倉の中心地

メトロポリタンの外観写真

 

ホテルメトロポリタン 鎌倉があるのは、JR鎌倉駅東口から徒歩2分の若宮大路沿い。鶴岡八幡宮の二ノ鳥居のすぐそばという、鎌倉の中心エリア。地下1階地上5階建てという低層構造で、ベージュの色調が街並みと調和しています。

 

 

中庭の写真

 

フロントがあるのは2階。路地のようなエントランスからエレベーターを使う他、中庭の脇にある階段も利用できます。大谷石を配した中庭は、街の喧騒がうそのような静かな空間。春はツツジ、秋はモミジやカエデの紅葉も見られるそう。

 

フロントの写真

 

階段を上った正面がチェックインカウンターです。壁のアートワークはイチョウを陰影豊かな鎌倉彫で表現したもの。イチョウはホテルメトロポリタン 鎌倉のビジュアルイメージで、カードキーなどにもデザインされているんですよ。

 

ロビーの写真

 

ロビーはベージュを基調に、木のぬくもりあるインテリアでまとめられ、ほっとくつろげる雰囲気。足元まである大きなガラス窓からテラスはひと続きで、日本建築独特の“縁側”のエッセンスを取り入れて設計されています。

 

ロビーにはコンセントを設置した大テーブルや旅行雑誌も用意。スマホやタブレットを充電したり、おでかけの予定を決めたりするのもいいかも。

 

 

イチオシは“ザ・鎌倉”の眺めが魅力のプレミアムコーナールーム

 

窓際の写真

 

全138室のなかでも、ぜひ泊まりたいのはプレミアムコーナールーム。二面が大きな窓の角部屋で、鶴岡八幡宮の二ノ鳥居が眺められ、鎌倉らしい景色が独り占めできちゃいます。

 

部屋の写真1

 

バスルームの写真

 

全室がユニットバスではなく、洗い場付きバスルームなのも嬉しいポイント。さらにプレミアムコーナールームはレインシャワー付き。全身を柔らかな雨に包まれるようなリラックス効果があるんですよ。2人が並んで使えるダブルベーシン(洗面台)なのも便利です。

 

アメニティの写真

 

どんなアメニティ・室内設備が揃っているのかも気になるところ。ナイトウェアは肌触りがいいコットン素材で、セパレート型。ナノイードライヤーや衣類消臭剤もあります。

 

アメニティは入浴剤や「雪肌精MYV」のスキンケアセット、ホットアイマスク、フットケアシートなどを標準装備。さらにプレミアムコーナールームなら、着圧ソックスやフランス化粧品ブランド「THALGO(タルゴ)」のヘア・ボディケアセットもプレゼント。

 

フットケアアイテムを揃えたのは、女性スタッフのアイデアによるものだそう。観光で歩き疲れた体を癒してくれるサービスが心憎い!

 

テラス付きや小上がり付きなど、用途で選べる12タイプの客室

客室の写真2

 

客室はツイン・ダブルの計12タイプ。リゾート感あふれるガーデンツインとダブルは各1室限定。ベッドルームと同じくらいの広さの屋外テラスが付いています。お風呂上がりに夜風に吹かれて涼んだり、朝の目覚めのコーヒーを飲んだりするのも気持ちよさそう!

 

ガーデンツインルームの写真
ガーデンツインは2名で使いやすいダブルベーシン

 

ベッドルームの写真

 

28平方メートルに120cm幅のベッド2台を備えたスーペリアツイン。窓辺に縁側をイメージした小上がりスペースがあるのが特徴です。ゆったりとしたソファはエキストラベッドとして使え、3名でも宿泊OK。三面鏡付きのデスクもメイクする時に便利です。

 

ベッドルームの写真2

 

一番リーズナブルなのは鎌倉小町ダブル。20平方メートルとコンパクトながら、窓から中庭が望めるため開放感があり、洗い場付きバスルームや充実のアメニティも標準装備。幅160cmのクィーンサイズベッドで、一人旅にもカップルにもおすすめです。

 

大注目!鎌倉らしさが詰まった無印良品のカフェとショップ

無印カフェの写真

 

1階には宿泊者以外も利用できる無印良品のカフェ「Café&Meal MUJI」とショップ「MUJI com」が、ホテルと同時オープン。無印良品は鎌倉初出店で、地元の方からも注目を集めています。

 

食事メニューの写真
朝食料金2000円(小学生1000円)

 

Café&Meal MUJIのコンセプトは、地域の食材を使うこと。鎌倉でできたものを鎌倉で食べる、地産地消にこだわっています。朝食は宿泊者だけのお楽しみ。エッグスラットなどの洋食セット、干物などの和定食から選べます。

 

食事メニューの写真2

 

選べるメインのセットの他に、新鮮な野菜やフルーツを用意したサラダバーとドリンクバーも。ヘルシーな朝ご飯で1日のパワーチャージをしましょう♪

 

テラス席の写真
中庭を望むテラス席の他、店内に144席を用意

 

11時以降はグランドメニューを提供。ハンバーグやオムライス、ポークソテーといった6種からメインを選び、サラダバー・ライス・スープをセットにした「えらべるプレート」(1600円)が味わえます。食事以外も観光のひと休みなどにお茶をするのももちろんOKです。

 

ボードマップの写真
フロアの一角には、散策に役立つ鎌倉周辺のボードマップも

 

カフェと同フロアには無印良品のショップ、MUJI comがあります。トラベル用品や普段使いの雑貨があるので、忘れ物をしちゃった時にも便利です。さらに、品揃えには住民の方の意見を取り入れて、冷凍食品などの物販の食品を充実させているのだとか。

 

一角には地元の方の小商いやワークショップが展開されるオープンスペースも。旅行者と住民が自然と交流して新しい出会いやつながりが生まれる場所になりそうです。

 

カフェのイメージ写真

 

アクセス良し、設備良し、サービス良しの新ホテル。快適すぎて鎌倉の別邸にしたいくらい!いままで鎌倉は日帰りで出かけるのが定番だったけど、宿泊すれば、夜ものんびりできるし、翌日もたっぷり観光できちゃいます。新ホテルを拠点に、1泊鎌倉旅を計画してみて。

 

 

Café&Meal MUJI ホテルメトロポリタン鎌倉

営業時間:朝食6時30分~10時30分(L.O.10:00)※宿泊者専用、グランドメニュー11時~22時(L.O.21時30分)

 

MUJI com ホテルメトロポリタン鎌倉

営業時間:11時~19時

 

ホテルメトロポリタン 鎌倉

住所  神奈川県鎌倉市小町1-8-1
宿泊予約直通Tel

0467-60-1250

アクセス JR鎌倉駅東口から徒歩2分
公式サイト https://kamakura.metropolitan.jp/<外部リンク>

 

ホテルメトロポリタン 鎌倉では、新型コロナウイルスによる感染症対策の一環として、館内の衛生強化にあたり、お客様ならびに従業員の健康と安全のため、下記の対策を取ってまいります。ご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

・エレベーターのご利用は4名様を目安とさせていただきます

・従業員はマスクを着用させていただきます

・チェックイン時に体調を確認させていただきます

・フロントカウンターに飛沫防止スクリーンを設置しております

・館内各所に消毒液を設置しております(手指の消毒にご協力ください)

・館内の定期的な消毒清掃をおこなっております

・1階のレストランの営業形態を変更させていただきます

 サラダバー・ドリンクバーはお席までお持ちいたします

※今後の状況により、内容が急遽変更になる可能性もございます。

 

関連記事

前のリンクへ
ホテルメトロポリタン 鎌倉
スタッフに聞くホテルの魅力やおもてなしの心

 

 

  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>