ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「鎌倉」で学ぶということ~歴史と文化の薫る街だからこそ~

 
湘南鎌倉医療大学の学びは医療や看護だけではありません。歴史・文化の薫る街「鎌倉」にある学校ならではのカリキュラムが組まれているのも大きな特徴のひとつと言えます。
 

 1

  
湘南鎌倉医療大学では、必修授業として『鎌倉の文化と歴史』、選択科目として『体験学習“鎌倉コース”』があります。鎌倉の大学らしく、地域のことを知り、歴史や文化を実際に体験できる、ちょっと贅沢な『学び』がここにはあります。  
  


 

●必修授業「鎌倉の文化と歴史」

 2

鎌倉の暮らし、文化、歴史を学びながら、地域における社会問題やそこに求められる医療の在り方を考える授業です。実際に、鎌倉五山第1位の建長寺に訪れ、座禅を体験したり、境内の文化財に触れる中で、様々な価値観や感受性を養い、医療・看護の専門知識を活用するための基礎を培います。

 3


●選択科目「体験学習“鎌倉コース”」

 

 4

鎌倉の史跡をめぐる歴史ウォークや鎌倉広町緑地での藍染体験など、地域の方々が講師となり、鎌倉に息づく歴史や自然の尊さを学びます。鎌倉地域の理解力を高め、課題解決などに向き合います。楽しみながら鎌倉について学び、医療人としての大切な素養を深めます。

 5


 
「鎌倉を学ぶこと」と「医療を学ぶこと」は一見、つながりがないようにも思えます。しかし、湘南鎌倉医療大学では、大学周辺の地域、歴史、文化を知ることだけではなく、世代、性別を越えた様々な人々との交流の中で他者への思いやりや豊かな感性を学ぶことができます。医療現場において、患者さんやご家族とのコミュニケーションを図るうえでも、人間性を養う体験はとても大切な授業の一環として位置付けられています。

[[detail_ippan_movie]]