ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特別展「清方と二人の弟子―門井掬水 西田青坡―」 


   鏑木清方のもとには、画風や人柄に惹かれて多くの入門希望者が集まり、一時、弟子は五十余人にものぼりました。中でも、門井掬水と西田青坡は、生涯を通じ清方のもっとも近くで師風を学んだ日本画家です。門井掬水(1886~1976)は茨城県に生れ、小学生の時に、当時、駆け出しの挿絵画家の清方に習い事として入門し、一番弟子となりました。西田青坡は(1895~1980)は東京深川に生れ、伯父の西田伝助が清方の父・篠野採菊と深い親交を結んだのが縁となり、12歳頃に入門、住み込みで指導を受けた時期もありました。主に女性像を描いた師と同じ様に、掬水と青坡も美人画を手がけますが、次第に独自の画風を切り開き、掬水は女性たちの労働する姿、青坡は市井の生活の細やかな描写に才を発揮し優品を残しました。
 本特別展では、清方作品のほかに掬水、青坡作品をご紹介し、二人の弟子への美の伝承を辿ります。

鏑木清方、日本画、鎌倉

 

 

 

基本情報

住所

神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25

アクセス

JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを着たに徒歩7分左折

電話番号

0467-23-6405

営業時間

午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)

拝観時間

30分

入館/入場料

一般450円(310円) 小・中学生220円(150円)
鎌倉市民の方、市内の小中学校に通学する児童生徒は無料。鎌倉に通学する大学生は無料。
※( )内は20名以上の団体 料金。20名以上の団体でのご来館を希望される場合は、事前にご連絡ください。

休み

毎週月曜日、6月4日(火)