ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

覚園寺(かくおんじ)


覚園寺境内の写真

日本遺産のロゴマーク

1218年(建保6)に北条義時が建立した大蔵薬師堂をもとに、1296年(応永4)に北条貞時が心慧上人を開山として覚園寺を創建。北条氏、後醍醐天皇、足利氏と代々の為政者に保護されてきた。拝観時間は決められており時間厳守(下表に記載)。静寂な境内を寺僧の案内で各堂を巡り、多くの仏像に詣でられる。本尊は木造薬師三尊像。鎌倉二十四地蔵第3番。

基本情報

住所

鎌倉市二階堂421

電話番号

0467-22-1195

拝観料/入館料

高校生以上500円 小・中学生200円

拝観時間/入館時間

10時00分,11時00分,12時00分,13時00分,14時00分,15時00分(12時00分は土曜日・日曜日・祝日のみ)。雨天時・8月・12月20日から1月7日はお休み

見どころ

薬師堂/木造薬師三尊像(国重文)、十二神将立像、足利尊氏の梁牌など。
木造愛染明王坐像。木造地蔵菩立像(別名黒地蔵、国重文)。十三仏やぐら。旧内海家(江戸時代中期の大型の名主住宅で間取りなどに特徴をもつ)。

花の情報

[秋] 紅葉

その他

黒地蔵縁日(8月10日)、境内撮影禁止
[公衆トイレあり]

行き方

JR鎌倉駅東口4番バス乗り場から大塔宮行きで「大塔宮」下車徒歩8分
  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>