ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

覚園寺


覚園寺境内の写真

かくおんじ
【日本遺産016】

 

日本遺産のロゴマーク

 

開基/北条貞時 開山/智海心慧

 

 

1218(建保6)年、第2代執権北条義時が
​十二神将の戌神将のお告げを受けて建立した
大倉薬師堂を前身とする寺院です。


1296(永仁4)年、第9代執権北条貞時が
元寇(※1)を退けることを祈って寺に改め、
​心慧上人を開山として覚園寺を創建しました。


当初は真言・天台・禅・浄土の
四宗兼学の寺で、
鎌倉幕府の保護を受け、
北条氏滅亡後は
後醍醐天皇の勅願所(※2)として、
また、建武の中興後は
足利氏の庇護を受けて繁栄しました。

 

覚園寺の写真3

 

本尊は薬師如来坐像で鎌倉時代の様式です。
その両脇に
日光菩薩坐像・月光菩薩坐像が安置され、
左右には十二神将立像がまつられています。
すべて国の重要文化財となっています。


十二神将は薬師如来およびその信者を守護する
12体の武神で、
子・丑・寅など十二支の象徴が
頭上に飾られています。

 

覚園寺の写真2

 

境内奥から背後の山稜頂部(標高約150m)まで
連続する地形は、
鎌倉の寺院の中でも最も幽玄かつ
静寂な宗教空間といえます。

百八やぐら群が存在する山稜部も含め、
1967(昭和42)年に
境内全域が史跡に指定されました。

 

覚園寺の写真1

 

毎年8月10日は黒地蔵(※3)の縁日として
施餓鬼会(※4)が行われます。
10日未明からどなたでもお参りできるため
「くらやみ参り」とも呼ばれ、
黒地蔵がまつられている地蔵堂で、
お盆の前に亡くなられた方々の冥福と
現在生きている我々の健勝を祈願できます。

 

お堂奥に錫杖と宝珠を持って立つ黒地蔵は、
地獄に堕ちた罪人の苦しみを
少しでも和らげようと、
地獄の役人に代わって
火を焚いたといわれます。

 

そのために黒くすすけていて、
いくら彩色しても一夜のうちに
黒くなってしまうといいます。

 

 

※1 鎌倉時代に元軍が日本に来襲した事件
​※2 勅命により国家鎮護などを祈願した社寺
​※3 重要文化財木造地蔵菩薩立像
​※4 飢餓に苦しんで災いをなす鬼衆や無縁の亡者の霊にも飲食を施す法会

 

覚園寺の写真4

 

 

【鷲峰山 真言院 覚園寺】
​国指定史跡
国指定重要文化財(建造物)
神奈川県指定重要文化財(建造物)
神奈川県指定史跡
鎌倉市指定天然記念物
​鎌倉二十四地蔵第3番

基本情報

住所

鎌倉市二階堂421

電話番号

0467-22-1195

拝観料/入館料

高校生以上:500円
小・中学生:200円

拝観時間/入館時間

10時00分~16時00分
個々に薬師堂内までご参拝いただけます

※拝観案内は当面の間中止

見どころ

【薬師堂】
木造薬師三尊像(国重文)
十二神将立像
足利尊氏の梁牌など。

木造愛染明王坐像
木造地蔵菩立像(別名黒地蔵/国重文)
十三仏やぐら

旧内海家
※江戸時代中期の大型の名主住宅で間取りなどに特徴をもつ。

花の情報

[夏]アジサイ
[秋]紅葉

その他

黒地蔵縁日(8月10日)、境内撮影禁止
[公衆トイレあり]

行き方

JR鎌倉駅東口4番バス乗り場から大塔宮行きで「大塔宮」下車徒歩8分