ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

円覚寺


円覚寺境内の写真

えんがくじ
【日本遺産010】

 

日本遺産のロゴマーク

 

開基/北条時宗 開山/無学祖元

 

 

二度の元寇(文永・弘安の役)で亡くなった
両軍の兵士を弔うために、
1282(弘安5)年、
鎌倉幕府第8代執権北条時宗が
中国(宋)の高僧無学祖元を迎えて
創建した禅宗寺院です。

 

臨済宗円覚寺派の本山で、鎌倉五山の第二位。
本尊は宝冠釈迦如来坐像。
妙香池、白鷺池などの池があり、
国の名勝に指定されています。

 

円覚寺の写真1

 

無学祖元は1279(弘安2)年、
時宗に招かれて来日し、
建長寺の住職となりました。
その指導法は懇切丁寧で、時宗をはじめ
多くの鎌倉武士の参禅(※1)を得ました。


1281(弘安4)年の弘安の役に際しては、
時宗の政策にも大きな影響を与えました。

 

時宗が円覚寺を建てたのは、
帰国しようとしていた無学祖元を
引き止めるためであったともいわれます。

 

円覚寺の写真2


国宝の舎利殿は室町時代の名建築、
大平寺(廃寺)の仏殿を移築したもの。

 

山門の東から
長い急な石段を登った山の上にある大鐘は、
1301(正安3)年に物部国光によって作られた
鎌倉時代の代表的な名鐘の一つです。
関東地方最大の鐘で、
これもまた国宝に指定されています。

 

円覚寺の写真3

 

夏目漱石の小説『門』では、
主人公が鎌倉の禅寺を訪ね、
数日、坐禅をするくだりがあります。
その描写は、かつて若き日の漱石が
円覚寺で坐禅をした経験を踏まえたものです。

 

そのほか、島崎藤村、有島武郎らも
執筆のために訪れるなど、
円覚寺は、多くの文士の創作の舞台、
活動の場となりました。

 

 

※1 坐禅して禅を修めること

円覚寺の写真4

 

 

【臨済宗 円覚寺派大本山 円覚寺】 
国指定史跡
国宝(建造物)
国指定名勝
神奈川県指定重要文化財(建造物)
鎌倉市指定有形文化財(建造物)
鎌倉市指定天然記念

基本情報

住所

鎌倉市山ノ内409

電話番号

0467-22-0478

拝観料/入館料

大人:500円
小・中学生:200円
市内高齢者:200円(要福寿手帳)

障害者無料(要障害者手帳)


※新型コロナウイルス禍の諸状況に鑑み、改定時期に若干の変更がある場合があります

拝観時間/入館時間

3月から11月 8時00分から16時30分
12月から2月 8時00分から16時00分

見どころ

舎利殿《国宝》
※例年正月と11月上旬の宝物風入れ時に公開

梵鐘《国宝》
禅宗様式庭園《国指定名勝》
夏目漱石句碑(帰源院内/非公開)
弁天堂からの展望
仏日庵(有料100円)

花の情報

[春]ウメ,ソメイヨシノ,ハクモクレン
[夏]アジサイ
[秋]紅葉
[冬]ヒメツルソバ,ウメ

体験

【坐禅】
《日曜説教坐禅会(於:大方丈)》
毎月第2、第4日曜日
法話:9時00分~10時00分
坐禅:10時00分~11時00分(自由参加)
料金:無料(団体不可)
*初心者向 予約不要(時間までに着座)
*必ず法話から参加の事(座禅のみ不可)

《暁天坐禅会(於:仏殿)》
年間無休
(1月1日~7日/10月1日~5日及び行事の際は休み)
6時00分~7時00分
料金:無料(団体不可)
*初心者向 予約不要(時間までに着座)
*初めての人は10分前までに着座(途中参加不可)

《土曜座禅会(於:居士林)》
初心者:13時20分~14時20分
2回目以降:14時40分~15時40分
料金:無料(団体不可)
予約不要・入れ替え制
*説明があるので10分前には居士林へ
*服装注意
*熟練者は面接の上、土日座禅会への参加可能

【法話】
《日曜説教坐禅会(於:大方丈)》
毎月第2、第4日曜日
法話:9時00分~10時00分
坐禅:10時00分~11時00分(自由参加)
料金:無料(団体不可)
*初心者向 予約不要(時間までに着座)
*必ず法話から参加の事(座禅のみ不可)

【写経】
佛日庵(円覚寺内)
TEL:0467-25-3562
詳細はホームページをご参照ください
http://www.butsunichian.com/

行き方

1.JR「北鎌倉駅」から徒歩1分
2.JR「鎌倉駅」発江ノ電バス「大船駅行」、「上大岡駅行」または「本郷台駅」行き「北鎌倉駅」バス停下車徒歩1分
3.横浜・横須賀道路「朝比奈インター」をおり20分

*駐車場
普通:なし(有料駐車場をご利用下さい)
大型:直営駐車場あり(要問合070-4115-1994)