ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宝戒寺(はぎ寺)


宝戒寺

ほうかいじ

 

 

 

日本遺産のロゴマーク

開基/後醍醐天皇 開山/円観慧鎮慈威和尚(五代国師)

 

 

1335年(建武2)、新田義貞の鎌倉攻めにより滅んだ北条一族の霊を弔うため、後醍醐天皇が足利尊氏に命じて執権北条高時旧居跡に建立させたといわれる寺で、建武中興失敗の後も足利氏の庇護を受けていました。

 

宝戒寺の写真1

 

本尊は子育経読地蔵として信仰される地蔵菩薩坐像(国の重要文化財)で、鎌倉二十四地蔵尊の第一番とされています。

 

本尊の御前立、立像地蔵菩薩は通称「唐仏地蔵」と呼ばれています。
関東大震災後に本尊の修理がされたとき、内部から出てきた記録で京都の三条仏師憲円が1365(貞治4)年に作ったものだとわかりました。

 

宝戒寺の写真2

 

境内の右には、聖徳太子を祀った太子堂があります。
毎年1月22日、この堂の前に鎌倉の諸職人が集まり太子講が行われます。
 

聖徳太子は仏教の教えを積極的に取り入れ、法隆寺などの寺院を建立しましたが、それに伴って新しい建築技術や工芸の技法が我が国に次々と伝えられることになりました。
こうしたことから、聖徳太子は職人の祖として古くから信仰されてきたのです。
 

宝戒寺の太子講は、かつては関東一円の職人を集めるほど盛んでしたが、現在は鎌倉市内の職人が中心です。護摩供養の後に賀詞の交換が行われ、境内には和やかな談笑の輪が広がります。

 

宝戒寺の写真3

 

花の名所としても知られる宝戒寺。
春はサクラやハクモクレン、夏はサルスベリやスイフヨウ、秋はヒガンバナやハギやホトトギス、冬はウメやツバキなど、四季折々の花によって境内が彩られています。
 

特に初秋に咲く参道脇のシロハギが有名で、ハギの寺としても知られます。

 

宝戒寺の写真4

 

 

【金龍山 釈満院 円頓宝戒寺】
鎌倉二十四地蔵第1番:子育経読地蔵
鎌倉三十三観音第2番:仏母准胝観音
鎌倉・江ノ島七福神:毘沙門天

 

基本情報

住所

鎌倉市小町3-5-22

電話番号

0467-22-5512

拝観料/入館料

令和3年4月1日より、山門復興奉納金として入山料が改訂されます。

大 人:200円 → 300円
中学生:100円 → 200円
小学生:100円 → 据え置き

*1級障害者無料(要障害者手帳)
 付添1名無料

拝観時間/入館時間

【夏時間(4月~9月)】
9時00分~16時30分

【冬時間(10月~3月)】
9時30分~16時00分 

見どころ

子育経読地蔵大菩薩(国重文)
帝釈天(県重文)
梵天(県重文)

花の情報

[春]サクラ、ハクモクレン
[夏]サルスベリ、スイフヨウ
[秋]ヒガンバナ、ハギ、ホトトギス
[冬]ウメ、ツバキ

体験

【写経】
日 時:年末年始は休み(12/29~1/3)
写経場:広林庵(座席4、いす席6)
志納金:1,000円
*行事等によりご利用いただけない場合あり

【坐禅】
人数が集まれば日時打ち合わせのうえ実施
※要予約

その他

鎌倉二十四地蔵第1番:子育経読地蔵
鎌倉三十三観音第2番:仏母准胝観音
鎌倉・江ノ島七福神:毘沙門天

行き方

【電車/バス】
1.JR鎌倉駅東口より徒歩13分
2.JR鎌倉駅東口バス乗り場から八幡宮方面ゆきで「大学前」下車徒歩1分

【車】
横浜横須賀道路「朝比奈インター」から20分
※近隣の有料コインパーキングをご利用ください