ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)


鶴岡八幡宮

日本遺産のロゴマーク

源頼義が1063年(康平6)、由比郷鶴岡に京都の石清水八幡宮を勧請し鶴岡若宮を称したのが始まり。源頼朝は1180年(治承4)に現在の地に移し、鎌倉のまちづくりを開始、1191年(建久2)には火災を機に、上下両宮の現在の体裁となる。本宮前から、若宮大路を中心としたまちが望める。

基本情報

住所

鎌倉市雪ノ下2-1-31

電話番号

0467-22-0315

拝観料/入館料

[宝物殿]:大人(中学生)200円小学生100円
団体割引(25名以上)大人120円大学生100円高校生80円中学生60円小学生40円
障害者無料(要障害者手帳)付添1名無料

拝観時間/入館時間

[宝物殿]8時30分~16時00分(9月15日展示替日は休館)

見どころ

宝物殿。菅裸馬句碑。現実朝歌碑。境内に鎌倉国宝館、鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム

花の情報

[春]ボタン・フジ・シャクヤク[夏]ハス[冬]正月ボタン

その他

手斧始式(1月4日)、除魔神事(1月5日)、節分祭(2月3日)、鎌倉まつり/静の舞(4月第2日曜日)・流鏑馬(4月第3日曜日)、菖蒲祭(5月5日)、夏越祭(立秋前日)、立秋祭(立秋)、実朝祭(8月9日)、ぼんぼり祭(立秋前日~8月9日)、例大祭(9月15日)、流鏑馬神事(9月16日)、御鎮座記念祭(12月16日)[公衆トイレあり]

行き方

JR鎌倉駅東口から徒歩15分
  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>