ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鶴岡八幡宮


1

つるがおかはちまんぐう
【日本遺産001】

日本遺産

 

*最新情報は【公式サイト】<外部リンク>をご確認ください*

 

国指定史跡、国指定重要文化財(建造物)
神奈川県指定史跡、鎌倉市指定天然記念物
鎌倉市指定有形文化財(建造物)

 

 

鶴岡八幡宮は、もとは1063(康平6)年に
源頼義が平忠常を打ち取れたことを喜び
京都の石清水八幡宮の分霊をひそかに勧請(※1)し
由比ガ浜辺り(現在、由比若宮のある場所)
にお祀りした鶴岡宮にはじまります。


それから約120年後の1180(治承4)年、
頼義の5代後にあたる源頼朝が鎌倉に入った時
祖宗(※2) を崇めるために鶴岡宮を
小林郷の北の山(現在の下拝殿付近)に
社をかまえて遷座しました。

 

八幡宮

 

1191(建久2)年に火災にあいましたが
頼朝は後ろの山の中腹を切開き
あらためて石清水八幡宮の分霊を勧請して
装いを新たに鶴岡八幡宮を創建し
現在の上下両宮の姿となりました。


ご祭神は八幡大神とされる
応神天皇・比売神・神功皇后の三柱です。

 

1

 

頼朝は平安京の
内裏(※3)にあたる位置に八幡宮をおき
自分の屋敷や幕府を
八幡宮の東側の離れたところに造って
お宮に仕える真心を表しました。


鶴岡八幡宮は
鎌倉武士の精神的団結の拠点であり
幕府の重要な政策は
そこで神意を問う形で実施されました。
頼朝が八幡大神を信仰したので
諸国の武士たちもこれを手本にし
国中に数多くの八幡大神を祀る神社が建てられました。


頼朝の死後も執権を務めた北条氏をはじめ
足利氏や豊臣秀吉・徳川氏などの
時の最高権力者も再建、復興に努めるなど
​時代を問わず篤い崇敬を受けている
鎌倉のシンボル的存在です。

 

鶴岡八幡宮の写真3

 

鶴岡八幡宮は
鎌倉幕府の守護神であると同時に
宗教政策の要として
幕府の各種公式行事が執り行われるなど
最も重要な位置にあった神社です。


頼朝が始めたとされる初詣をはじめ、
今もなお、年間を通じて
様々な伝統行事が行われています。


中でも幕府の最重要宗教行事として始まった
放生会(※4)の伝統をひく例大祭は
流鏑馬神事の奉納を含め、
毎年9月に実施されています。

 

鶴岡八幡宮の写真2

 

鎌倉の歴史を見守ってきた
大石段横の大銀杏は
2010(平成22)年3月10日未明、
強風により倒伏してしまいましたが
現在はヒコバエ(若芽)が若木(子銀杏)となり
隣に移植された御神木(親銀杏)とともに
成長しています。


なお、幹の一部は鎌倉文華館 鶴岡ミュージアムcafé&shop内で、
間近に見ることができます。

 

 

 

※1 神仏の分身・分霊を他の地に遷して祀ること
​※2 歴代の祖先
​※3 天皇の御所
​※4 ​仏教の不殺生の思想に基づいて、捕らえられた生類を山野や池沼に放ちやる儀式

 

基本情報

住所

鎌倉市雪ノ下2-1-31

電話番号

0467-22-0315

拝観料/入館料

【鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム】
展示によって変わります

【宝物殿】
大 人:200円(120円)
小学生:100円(40円)
*(  )内は25名以上団体料金
*障害者無料(要障害者手帳)付添1名無料

拝観時間/入館時間

6時~20時30分
 
【鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム】
10時~16時30分(入館16時まで)
定休日:
月曜日(祝日は開館)、展示替期間、年末年始

【鎌倉文華館 鶴岡ミュージアムcafé&shop】
10時~17時(16時30分ラストオーダー)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

【茶寮 風の杜】
10時30分~17時
定休日:なし

【鶴岡文庫】
現在休館
 
【宝物殿】
9時〜16時
定休日:なし(展示替え等による休館あり)

見どころ

本宮をはじめとする社殿
宇佐神宮遙拝所
「親」銀杏と「子」銀杏
大石段
柳原神池
由比若宮遙拝所
鶴亀石
流鏑馬馬場
源平池
政子石
神苑ぼたん庭園
菅裸馬句碑
源実朝歌碑

花の情報

[春]ボタン・フジ・サクラ
[夏]カキツバタ・ハス
[秋]ヒガンバナ・紅葉・黄葉
[冬]正月ボタン・ウメ

その他

公衆トイレあり

行き方

JR鎌倉駅東口から徒歩10分
有料駐車場あり(大型バス可)

 

 


◆近くの宿泊施設
鎌倉駅周辺エリア


◆近くのグルメ・ショッピング
鎌倉駅周辺エリア


◆近くの観光施設
鎌倉駅周辺エリア