ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

若宮大路(わかみやおおじ)


春の若宮大路夜の風景

日本遺産のロゴマーク

由比ヶ浜から鶴岡八幡宮へ続く参道で、海岸側から一の鳥居、二の鳥居、三の鳥居と並ぶ大きな通り。鎌倉幕府は、この道を政治の中心として、まちづくりを行ったといわれている。現在、二の鳥居と三の鳥居の間に残る段葛(だんかずら)は、源頼朝が妻、政子の安産祈願のため造営したと伝えられ、縁石を兼ねる葛石を置いたという意味の道。左右に飲食店、ブティックなどが並ぶ。日本の道百選の一つ。

浜の大鳥居跡/下馬四ツ角から約100m海岸寄り。1990年(平成2)に発見され、1553年(天文22)に小田原城主北条氏康により造立された鳥居の遺跡と考えられる。

基本情報

花の情報

[春]サクラ・ツツジ
  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>