ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鎌倉五名水


[[detail_meisyo_headerimg]]
鎌倉の湧水の中で、特に美味しいとされた五つの名水。鎌倉が観光地化した江戸時代に作られたようです。文献により多少の違いがあります。

梶原太刀洗水「かじわらたちあらいみず」
鎌倉から朝夷奈切通に向かう途中の左手から湧いています。梶原景時が上総介広常を討ったとき、その太刀を洗い清めた水だと伝えられています。

甘露水「かんろすい」
浄智寺総門手前の池の脇の小さな泉を言います。文献により甘露水と不老水が入れ替わり、「かまくら子ども風土記」などでは甘露水を入れています。

金龍水「きんりゅうすい」
建長寺門前の信号のところにありましたが、道路拡張工事の際に埋められて現在はありません。

銭洗水「ぜにあらいみず」
銭洗弁財天宇賀福神社にあります。源頼朝が巳の年、巳の月、巳の日の夜の夢のお告げで発見したという伝説があります。この水でお金を洗うと何倍にも増えて戻って来るといわれ、巳の日には多くの参拝客が訪れます。

日蓮乞水「にちれんこいみず」
日蓮上人が安房国から鎌倉に来たとき、水が飲みたくなってこの地に杖を突き刺したところ、水が湧き出たといいます。大町5-7-2付近にあります。

不老水「ふろうすい」
文献により甘露水と不老水が入れ替わり、「相模風土記」「鎌倉志」「攬勝考」では不老水を入れています。私立鎌倉学園の旧グラウンドネット裏にあります。仙人がこの水を飲んでその容貌を保ったと伝えられています。

基本情報

  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>