ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鎌倉五山


[[detail_meisyo_headerimg]]
五山の制度は、各禅刹の寺格を決め,官が任命した住持を順次上位の寺へと昇任させていくという中国の制度です。北条氏がこれを取り入れ、初めは建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺など、鎌倉の主な禅刹が五山と呼ばれていました。その後京都の寺社もこれに含められ、何度か変更されましたが,至徳3(1386)年に足利義満が改定し、現在の鎌倉五山・京五山(両五山の上に京都の南禅寺を置く。京五山は第一位・天竜寺、第二位・相国寺、第三位・建仁寺、第四位・東福寺、第五位・万寿寺)が定められました。

基本情報

  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>