ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年、鎌倉市の海水浴場は開設されません。


鎌倉海岸画像

混雑する由比ガ浜海水浴場の様子
混雑する令和元年度由比ガ浜海水浴場の様子

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、今年は海水浴場を開設しません。

鎌倉市では例年、7月から8月にかけて、材木座・由比ガ浜・腰越の3海岸に海水浴場を開設し、市内外を問わず、多くの海水浴客の方に夏の鎌倉の魅力をお楽しみいただいてまいりました。

しかしながら、今年の開設にあたっては、新型コロナウイルス感染症が未だ世界的に猛威を振るう中、海水浴場を利用する市民及び来訪者の安心・安全を守るという観点から、開設の是非について検討を重ねてきました。
開設した場合の感染防止対策の検討については、神奈川県から示された「海水浴場等における新型コロナウイルス感染症の感染防止対策ガイドライン」も参考にして熟慮を重ねてきましたが、感染拡大のリスクを徹底的に抑えることは厳しいと判断し、この夏の開設は断念したところです。

海水浴場が開設されないことに伴い発生すること。

令和2年海の注意事項

例年、鎌倉市の海水浴場は、市が海岸管理者である神奈川県からの許可を受けて、様々な設備を設置し、ライフセーバーによる監視体制を敷くことで安全に運営ができるよう体制を整えています。

しかしながら今年は、海水浴場が開設されないことにより、次のようなことが発生すると考えています。

  • 「遊泳エリア」を区切れないため、水上バイクやサーフィン等マリンスポーツを楽しむ方と遊泳者が混在する危険性。
  • 十分な監視体制が敷けず、救護などの体制が不十分のため危険性。
  • 海水浴場に適用される「マナー条例」が効果を発揮しないため、風紀が乱れる危険性。
  • 海の家がなく、シャワー設備や更衣室もないので、着替えが難しい。
  • 仮設トイレの増設がないことによる、公衆トイレの行列。

特に、上の2点については、ケガや事故、ともすれば命にもかかわりかねないものです。
夏の鎌倉の海にお越しいただいたとしても、遊泳はご遠慮くださいますよう、心からお願い申し上げます。

夏季鎌倉海岸のエリア分けについて

海水浴場としての監視体制や設備はありませんが、お越しになる方の安全確保のため、地域の海浜関係団体の皆さんと調整して、以下のとおりエリア分けを行いました。お越しになる方は、このエリア分けを厳守いただきますよう、お願い申し上げます。

2020夏期腰越海岸エリア図 2020夏期由比ヶ浜エリア図2020夏期材木座海岸エリア図

 

この夏の鎌倉海岸に係るQ&A

Q 海岸に行ってもいいですか?

A 海岸への車両以外の出入りに制限はありません。
  新型コロナウイルス感染症の感染拡大や熱中症予防のため、朝夕の涼しい時間に短時間でのご利用をお勧めします。

Q 海で泳ぐことはできますか?

A 禁止ではありませんが、安全対策が十分ではないのでご遠慮ください。

Q けがをした場合、どうしたらいいですか?

A 今年は救護室がありません。安全には十分気を付けてご利用いただき、もしけがをした場合には、
  最寄りの病院で手当てを受けてください。

Q シャワーはありますか?
A 材木座海岸及び由比ヶ浜に、それぞれ2か所ずつ常設している公衆トイレに併設していますが、
  数が少なく、利用者が集中することが想定されます。
  利用時間は午前8時から午後6時までです。

Q トイレはありますか?
A 材木座海岸及び由比ヶ浜に、それぞれ2か所ずつ常設しています。
  今年は仮設トイレがありませんので、例年以上の混雑が予測されます。

Q 砂浜で飲酒やBBQはできますか?
A 「鎌倉市公共の場所におけるマナーの向上に関する条例」に基づき、7月1日から8月31日までの間、
  飲酒、BBQ、喫煙及び音響機器の使用はご遠慮ください。

Q テントを使用してもいいですか?
A 禁止ではありませんが、新型コロナウイルス感染症拡大や熱中症予防の観点から、長時間の利用はお控えください。
  特に、大型のものは、大人数で使用することで密集状態となりやすく、感染拡大の恐れがあるため避けてください。

Q マリンスポーツはできますか?
A 一部禁止区域があるため、現地の看板や案内に従ってお楽しみください。
  ただし、感染拡大や熱中症予防のため砂浜での長時間滞在は避けてください。

Q 子どもを連れて海水浴をしてもいいですか?
A 今年はライフセーバーが常駐していませんので、保護者の方の目の届く範囲で、安全面に十分配慮してお楽しみください。

Q 砂浜でビーチバレーなどのスポーツをすることはできますか?
A 禁止ではありませんが、大人数での砂浜の利用を避け、周りの人との距離を保って短時間の利用をお願いします。

夏の安全対策について

海水浴場が開設されないことにより、上記のとおり様々な問題が想定されていますが、鎌倉市では現在、次のような対策を講じて、できる限りの安全確保を行います。

  1. 「鎌倉市公共の場所におけるマナーの向上に関する条例」の改正による風紀維持
    海水浴場に適用される条例は効果を発揮できませんが、それに代わるものとして、上記の条例を改正して、「飲酒」・「喫煙」・「音響機器の使用」・「BBQ等裸火の使用」は行わないよう、警備員による見回り・声掛けを行うことにより、風紀維持を行います。
  2. エリア分けを行うことによる安全確保
    海や海岸は、原則どなたでも自由に利用できるものですが、地域の海浜関係団体の皆さんと調整して、コースロープ及びブイを使って「マリンスポーツ禁止エリア」を作ることにより、できる限り安全を確保していきます。
  3. 海岸事故未然防止員の設置
    上記エリア分けにより定める「マリンスポーツ禁止エリア」に人員を配置し、事故の未然防止に努めます。
  4. 看板の設置
    「マリンスポーツ禁止エリア」の案内のほか、上記「マナー条例」に基づき、「飲酒」・「喫煙」・「音響機器の使用」・「BBQ等裸火の使用」を行わないでいただきたいことについて看板を設置して周知します。
  5. ごみ箱の設置
    ごみはお持ち帰りいただくことが原則ですが、多くの方の利用が見込まれる中、ごみを捨てる場所がないことにより、海浜や街中でのポイ捨てにつながり、海洋汚染の原因にもなる可能性が高いと考えられるため、主要な海岸入り口にごみ箱を設置します。
  6. 市と関係団体ボランティアによるビーチクリーンの実施
    鎌倉海浜組合連合会、鎌倉マリンスポーツ連盟、日本サーフィン連盟鎌倉支部など、地域の海浜関係団体にご協力をいただき、有志によるパトロールと、ビーチクリーンを実施したいと考えております。
    ボランティアの方には、市内在住のイラストレーター「ジュジュタケシ」氏がデザインしたTシャツを着用いただき、お越しになった方が一目で、ボランティアパトロールが巡回していることがわかるような環境を整えていこうと考えています。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にもご協力ください。

今年の海水浴場開設断念は、最初に申し上げた通り、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための苦渋の決断です。
散歩や観光のために鎌倉海岸を訪れる際も、マスクの着用やソーシャルディスタンスの確保で、感染拡大防止にご協力ください。

また、夏の海岸は、日差しと、砂浜の熱・照り返しにより、非常に暑くなります。
マスクの着用を意識するあまり、熱中症になることも考えられますので、十分な水分・塩分補給を心掛け、人混みを避けつつ、適宜マスクを外して休憩するなど、熱中症対策も忘れずにお願いいたします。

  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>