ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

泊まって実感、地元っ子が見ている鎌倉の夜


酒と肴の店 いさむ

 

多くの観光客で賑わう、昼の鎌倉とは別に、地元っ子だけが知るまちの姿があります。

「夜の鎌倉」は、想像していなかった別世界。

酒と会話が弾む路地裏の店や、夜の海を眺められるカフェ、美しい夜景が見えるスポットなど、鎌倉のそこここで、昼間とはまったく別の顔を見ることができます。

もしかしたら夜にこそ、鎌倉の“いま”が凝縮しているのかもしれません。

 

contents

鎌倉の夜は、どこで過ごすのがおすすめ?
【大船】ディープな時を過ごせる、にぎやかな大船の夜
【鎌倉駅周辺】洋も和も。良店が揃う駅周り
【腰越~稲村ガ崎】幻想的な夜更けの海沿いをぶらり
鎌倉は夜の顔も、やっぱり魅力的でした

鎌倉の夜は、どこで過ごすのがおすすめ?

鎌倉の夜のイメージ画像

夜から営業する店も少なくない鎌倉。
昼、観光のイメージが強い鎌倉ですが、実は、日が落ちてからも楽しみがいっぱいです。

にぎやかで、地元っ子が足しげく通う店を探すなら、飲食店が集中する鎌倉市随一の繁華街・大船へ。

腰を据えて、お酒をゆっくり楽しむなら、鎌倉駅周辺にともる路地の灯りを目当てに歩けば好みの店が見つかるはず。

しっとりした、海街の夜の雰囲気を楽しむなら、七里ガ浜や腰越海岸など海沿いエリアもおすすめです。

それぞれ雰囲気の違う3つのエリアで、帰りの時間を気にしないからこそ見えてくる、心に残る鎌倉の夜をお楽しみください。

【大船】ディープな時を過ごせる、にぎやかな大船の夜

大船「おでんセンター」

取材協力/大船おでんセンター

「仕事終わりの一杯」に混ざって、ローカルな雰囲気を楽しみたいなら、鎌倉市随一の繁華街・大船がおすすめです。

繁華街を歩けば、昭和の雰囲気がただようお店もちらほら。

入ってみたら、よく味が染みたおでんを皆でつつきながらの、楽しい宴が催されていました。

鎌倉の居酒屋「望郷」取材協力/望郷

見知らぬ誰かにゆっくり話を聞いてもらいたい、そんな時には赤提灯の居酒屋へ。

心根やさしい人生の大先輩が集う居酒屋は、夜遅くまで語らう人々であふれています。

たまたま隣に座っただけの人も、皆仲間。

出会いに感謝する、そんな乾杯もまた、忘れられない旅の思い出になりそうです。

 

​【鎌倉駅周辺】洋も和も。良店が揃う駅周り

鎌倉「レネ」取材協力/レストラン レネ

上質な食事、おいしいお酒を、しっとり楽しむなら鎌倉駅周辺がおすすめです。

目にも美しいフレンチを味わいながら上質な時間が過ごせるレストランでは、
大切なだれかと過ごしたり、お気に入りのワインを楽しんだり。

鎌倉の「肴と酒の店いさむ」

取材協力/肴と酒の店 いさむ

小町通りから一歩路地に入ったところで見つけた、地元っ子が集う酒場では、
女将の軽快な語り口と、人々の笑い声を聞きながら、上質なお酒と肴を楽しんだり。

それぞれが思い思いに過ごせる場所が、路地のあちこちに点在しています。

探していた宿り木のような場所に、きっと出合えるはずです。

【腰越~稲村ガ崎】幻想的な夜更けの海沿いをぶらり

腰越海岸の夜景

夜の海沿いエリアは、昼間とは打って変わってしっとりとした雰囲気に。

腰越海岸沖、仕事を終えた漁船の向こうに見えるのは、色とりどりの灯りがともる、夜の江ノ島。

海風に吹かれながら幻想的な風景を眺めていると、ここが日本だということを忘れてしまいそうです。

鎌倉の「アマルフィ」

取材協力/アマルフィイ デラセーラ

おしゃれなカフェやレストランもちらほら。

相模湾の夜景を一望しながら乾杯。そんな贅沢なひとときはいかがですか?

たとえば、レンガの階段を登った高台に建つレストランで過ごす素敵な時間。一日の締めくくりを、海沿いで過ごすのは格別です。

波の音と潮の香りに抱かれて、旅の疲れを癒しましょう。

 

鎌倉は夜の顔も、やっぱり魅力的でした

鎌倉の夜の街並み

楽しくめぐった昼のまちとは異なる別世界。

いろいろな顔をもつ鎌倉の魅力は、まだまだ尽きません。

昼はまちに息づく自然や歴史を観てまわり、夜はそこに暮らす人たちと触れ合っているうちに、
すっかり鎌倉にハマってしまうかもしれません。

夜の鎌倉を覗いてみたら、日帰りだけではもったいない、地元っ子が愛する鎌倉に触れることができます。

おいしいごはんを楽しんだ翌日は、
いつもより少し早起きして、近場の寺社へ朝まいりするのもいいですね。

 

  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>