ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「能を知る会 鎌倉公演 -日蓮聖人と能-」


noh1006

「日蓮聖人降誕800年企画」をテーマの公演で、安国論寺の住職・平井智親氏に日蓮聖人のお話をしていただき、能と宗教との関係について学べます。

朝の部は、楽人同士の諍いから命を奪われた夫への執心を太鼓にのせる名曲「梅枝」を上演致します。能「富士太鼓」の後日談、富士の妻が亡霊として出てくるという夢幻能となっております。舞台上に据え置かれた「鞨鼓台」に夫の形見の衣を取り付け、その衣を後場で身につけて舞を舞うという演出になっている珍しい曲でもあります。亡霊を呼び出すための舞台装置としてのワキが、日蓮宗の僧という設定も珍しいです。
狂言は、野村萬斎師に秋の名曲「萩大名」をお勤め頂きます。

昼の部は、殺生の罪により地獄に落ちた男と、それを救う閻魔大王の登場する名曲「鵜飼」を上演致します。三卑賤の中の一曲にして、世阿弥改作とされている曲す。前場は禁漁の罪により水に沈められた老人の亡霊が、鵜で漁をする有様を見せる「鵜之段」が見どころです。後場は老人を救いに現れる、地獄の閻魔大王のダイナミックな動きが見どころとなっております。安房国清澄の僧というワキが、明言はされていませんが日蓮聖人だろうと言われている、数少ない日蓮宗の曲です。
狂言は、野村萬斎師に小学校の教科書にも乗っている名曲、「柿山伏」をお勤め頂きます。

能にはわかりやすい字幕解説を備え付けのスクリーンに映し出し、初心者でも楽しめる公演となっております。

基本情報

日時

◆日時 2021年10月6日(水)
朝の部10時00分/昼の部14時00分

場所

◆会場 鎌倉能舞台(江ノ電長谷駅下車徒歩7分)

実施内容

◆演目:
【10時始め】
解説「日蓮上人の能(日蓮上人降誕800年記念)」平井 智親
狂言「萩大名(はぎだいみょう)」野村 萬斎
能 「梅枝(うめがえ)」中森 貫太

【14時始め】
解説「日蓮上人の能(日蓮上人降誕800年記念)」平井 智親
狂言「柿山伏(かきやまぶし)」野村 萬斎
能 「鵜飼(うかい)」中森 健之介

対象

一般(小学生高学年以上可)

募集人数

午前・午後とも定員は150人

費用

◆入場料 6380円 (プラス1000円で座席指定可能です)

申込方法

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。

電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai 
eプラス  
午前の部 
https://eplus.jp/sf/detail/3386180001-P0030001 
午後の部 
https://eplus.jp/sf/detail/3386190001-P0030001

お問い合わせ

◆お問い合わせ:鎌倉能舞台

電話 0467-22-5557
メール webmaster@nohbutai.com