ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「能を知る会 鎌倉公演 -源平合戦を彩る女たち-」


nouwosirukai-yosinosizuka

2019年5月3日の「能を知る会」、朝の部は、源頼朝に追われる義経を吉野山から逃すための時間稼ぎを行う静御前の舞が見どころの「吉野静【よしのしずか】」を上演致します。上演頻度の少ない、能におけます「安宅」よりも前のお話となっております。

昼の部は、木曽義仲の愛妻であった巴御前が夫である義仲との別れを仕方話に描く名曲「巴【ともえ】」を上演致します。義仲の御前にて生きて形見を持ち帰れと命じられる場面、女性ながらに甲冑を着込み薙刀をふるって奮戦する戦の場面、自害した後の義仲との対面と生きながらえて落ちて行く無念さと、移り変わる様々な情景をどのようにして主役であるシテ、コーラス・ナレーションである地謡が描くかが見どころとなっています。

最初に国文学研究資料館教授の小林健二氏による講演と、狂言は午前の部「酢薑」、午後の部「樋の酒」となっています。

能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。

基本情報

日時

◆日時 2019年5月3日(金・祝)
朝の部10時00分/昼の部14時00分

場所

◆会場 鎌倉能舞台(江ノ電長谷駅下車徒歩7分)

実施内容

◆演目
(朝の部)10時始め
・講演「源平合戦を彩る女たち~義経への愛に生きる」小林 健二
・狂言「酢薑(すはじかみ)」中村 修一
・能「吉野静(よしのしずか)」中森 貫太
・質疑応答 中森 貫太

(昼の部)14時始め
・講演「源平合戦を彩る女達~思いは木曽義仲とともに」小林 健二
・狂言「樋の酒(ひのさけ)」内藤 連
・能「巴(ともえ)」奥川 恒治
・質疑応答 中森 貫太

対象

一般(小学生高学年以上可)

募集人数

午前・午後とも定員は160人

費用

◆入場料 5,500円 (プラス1,000円で座席指定可能です)

申込方法

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。

電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス 
午前の部 https://eplus.jp/sf/detail/2867720001-P0030001
午後の部 https://eplus.jp/sf/detail/2868660001-P0030001

お問い合わせ

◆お問い合わせ:鎌倉能舞台

電話 0467-22-5557
メール webmaster@nohbutai.com
  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>