ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【第63回鎌倉薪能】Youtube映像配信スタートしました


 

第63回鎌倉薪能のオンライン無料配信を行っています

 

 演目一覧画像
画像左 :能「猩々」(撮影:辻井 清一郎​)​
画像右上:素謡「翁」(撮影:辻井 清一郎​)​
画像右下:狂言「呼声」(撮影:志賀 智)​ 

 

 

鎌倉薪能は1959年(第1回目)より半世紀以上続いており、発祥と言われる奈良・京都に次ぐ長い歴史がある伝統の古典芸能は、今年で63回目を迎えます。

昨年は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、初の試みとなる無観客によるオンライン無料配信を行いました。本年も、未だ新型コロナウイルスの終息が見通せない中、昨年同様に「第63回鎌倉薪能」を開催し、この様子を後日Youtubeにて無料配信を行います。  

鎌倉宮拝殿にて金春流能楽師 金春憲和師・金春安明師が素謡「翁」、能「猩々(しょうじょう)​」を、和泉流狂言師 野村萬斎師が狂言「呼声(よびこえ)」を奉納いたします。

毎年、鎌倉薪能の開催を楽しみにされていた皆様には、オンライン配信での開催となり、大変ご迷惑をおかけします。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。また、これまでご覧になったことがない方は、これを機会に「鎌倉薪能」をご覧いただければ幸いです。

新型コロナウイルス感染症が一刻も早く終息することを願いつつ、来年度以降も歴史ある「鎌倉薪能」が引き続き実施できるよう努めてまいります。

 

概要

  1. 映像配信日 : 2021年11月12日(金)16時00分~

  2. 配信URL:下記よりご覧いただけます
    https://youtu.be/scon32dy6S0​<外部リンク>

    薪能<外部リンク><外部リンク>
<外部リンク>※狂言の映像配信は2021年12月12日(日)までとなります

 

演目・出演者

  1. 狂言「呼声」
    ​太郎冠者:野村 萬斎(狂言方 和泉流)
       主:野村 太一郎
    次郎冠者:野村 裕基
      後見:宇貫 貴雄
    ※狂言の映像配信は2021年12月12日(日)までとなります
     
  2. 素謡「翁」
    シテ:金春 憲和(シテ方 金春流81世宗家)
    地謡:中村 昌弘、本田 布由樹、本田 芳樹、辻井 八郎、山井 綱雄

     

  3. 能 「猩々」
    シテ:金春 安明(シテ方 金春流80世)
    ワキ:舘田 善博
    笛:熊本 俊太郎
    小鼓:鵜澤 洋太郎
    大鼓:大倉 栄太郎
    太鼓:桜井 均
    後見:柏崎 真由子、井上 貴覚
    地謡:中村 昌弘、本田 芳樹、辻井 八郎、山井 綱雄、本田 布由樹

 

 

演目についてはこちら

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

あ<外部リンク>

神奈川トヨタ<外部リンク>

あ<外部リンク>

オンライン無料配信

主催:鎌倉市観光協会

共催:鎌倉市

協力:日本航空株式会社