ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第63回鎌倉薪能の開催について

 

第63回鎌倉薪能はオンラインでの無料配信を行います

 

薪能発祥といわれる奈良、京都に次ぐ歴史を有する鎌倉薪能。
1959年より受け継がれてきました伝統の古典芸能は、今年で63回目を迎えます。

鎌倉宮で行う鎌倉薪能は、​古都鎌倉にふさわしい行事として毎年好評を得ています。
これもひとえに皆さまのご支援の賜物と感謝いたしております。

 

2018鎌倉薪能
 ▲第60回鎌倉薪能「石橋」 群勢 金春流 シテ 金春安明(撮影:国東 薫)

 

昨年は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、初の試みとなる無観客によるオンライン無料配信を行いました。
本年につきましても、未だ新型コロナウイルスの終息が見通せない中、昨年同様に無観客で「第63回鎌倉薪能」を開催いたします。
鎌倉宮拝殿にて金春流能楽師 金春憲和師・金春安明師が素謡「翁」、能「猩々(しょうじょう)​」を、和泉流狂言師 野村萬斎師が狂言「呼声(よびこえ)」を奉納し、この様子を後日Youtubeにて無料配信いたします。これまでご覧になったことがない方は、これを機会に是非一度「鎌倉薪能」をご覧いただければ幸いです。
 
毎年、開催を楽しみにされていた皆様には、大変ご迷惑をおかけする事となり申し訳ございません。新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息を願いつつ、来年度以降も歴史ある「鎌倉薪能」を引き続き実施できるよう努めてまいります。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

概要

2021年度は、鎌倉宮拝殿を舞台に、金春流能楽師 金春憲和師・金春安明師による能と、和泉流狂言師 野村萬斎師による狂言を披露します。鎌倉ならではの伝統芸能を是非お楽しみください。
本年度は下記のとおり後日オンラインにて無料配信いたします。

  1. Youtube映像配信日 : 2021年11月下旬予定(決まり次第お知らせします)
  2. 会    場: 鎌倉宮拝殿 (鎌倉市二階堂154)
  3. 配信URL: 動画コンテンツが整い次第、こちらのページでご案内します。

 

鎌倉宮拝殿

 

 

演目・出演者(和泉流・金春流)

  狂言「呼声」  野村 萬斎(狂言方 和泉流)
  素謡「翁」   金春 憲和(シテ方 金春流81世宗家)
  仕舞「猩々」  金春 安明(シテ方 金春流80世)

 

 

 


 【お問い合わせ】
公益社団法人鎌倉市観光協会
TEL:0467-23-3050
(平日9時00分~17時15分)