ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

混雑を避けて楽しむ鎌倉観光モデルコース/夏編1

密を避け、水辺の景色から感じる夏の涼を楽しもう

 

蓮の花の写真

 

JR大船駅を起点に、青空の下で輝く夏の緑と、

水辺でひんやりマイナスイオンを感じられるスポットへ。

この夏の鎌倉は、 “密”を避けて自然を歩くコースはいかがですか?

 

鎌倉とその周辺の道路混雑状況はこちら

 

コース紹介

○Start:JR大船駅

 

 
 

徒歩15分

 

 

1.大船フラワーセンター

大船フラワーセンターの写真

一年を通してさまざまな季節の花が咲き誇る花の楽園。

240もの品種を展示するハスは、見頃を迎えています。

7月4(土曜日)・5(日曜日)・11(土曜日)・12(日曜日)・14(火曜日)〜19(日曜日)・23(祝・木)〜26(日曜日)は、ハスの開花時間に合わせて7時に開園。

まだ涼しい朝のうちに、大輪のハスを見に行きましょう。

 

 
 
徒歩16分 「大船駅」江ノ電バス5番乗り場より鎌倉湖畔循環系統で17分、
「今泉不動」下車、徒歩3分

 

 

2.散在ガ池森林公園

散在ガ池森林公園の写真

農業用池だった散在ガ池を中心に、自然のままの緑を生かした公園です。

園内に広がる鮮やかな緑や小川のせせらぎの涼やかさが

暑気を和らげてくれるはず。

起伏のある園内には2.4kmの散策路もあるので、

ちょっとしたハイキング気分を味わってみては?

 

 
 
徒歩8分

 

 

3.称名寺

称名寺の写真

阿弥陀三尊をまつる寺院で、もとは弘法大師が開いたと伝えられている

不動堂の別当を兼ねていました。

境内には男滝・女滝と呼ばれる陰陽の滝があり、

水飛沫を上げて流れる様子が涼やか。

点在する石仏を見ながら歩くのも楽しみのひとつです。

※称名寺拝観後、まだ物足りない!という方は、ひと足伸ばすと天園ハイキングコースや、明月坂を下って北鎌倉へも出られますよ!

 

 
 
徒歩5分、江ノ電バス「今泉不動」より30分

 

 

◯GoalJR大船駅

大船は古くから沢山の飲み屋が軒を連ね、未だ昭和の風情を残しているまち。

駅周辺で旅の締めくくりに美味しいごはんとお酒を楽しむ、のもオススメです。

 

 

  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>