ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【鎌倉市内被害状況について】(11月29日17時00分更新)

被害写真


9月3日の大雨や、台風15号、19号による被害情報です(随時更新)。
また、鎌倉市ホームページでも最新の情報を発信しています。
       

鎌倉市内被害状況一覧 【11月29日(金曜日)17時00分現在】

 

施設名 状況
市内ハイキングコース

本市が紹介しているハイキングコース(天園、葛原岡・大仏、祇園山の3つのコース)におきましては、倒木や地滑りなどにより、通行に危険が伴う状況が各所で確認されているため、通行禁止です。復旧の方法・時期等につきましては、【ハイキングコース被害状況について】をご覧ください。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力くださいますようよろしくお願い申し上げます。

10月24日のハイキングコースの様子110月24日のハイキングコースの様子2

10月24日のハイキングコースの様子3
2019年10月24日撮影

国道134号線 国道134号線稲村ケ崎駅付近の海側歩道が崩落しました。
海側歩道は終日通行止め、車道は夜間片側通行となっています。(11月14日現在)。
規制内容についてはこちらからご覧ください。
稲村ケ崎
2019年10月13日撮影
十二所果樹園

台風15号による被害が大きく、しばらく閉鎖見込みです。
詳しくは鎌倉風致保存会のホームページ<外部リンク>をご参照ください。

名越切通し 衣張山は市内の他のハイキングコース同様に危険な状況ですが、名越切通し付近は通行可能です。
「緑が丘入り口」バス停より名越切通しに入り、まんだら堂やぐら群を経由して、大切岸・パノラマ台付近を通ってハイランドの住宅地まで行く道は問題ないとのことです。
通行止めにはしておりませんが、足元にお気を付けて通行してください。
詳細は逗子市役所046-873-1111(代表)までお問い合わせください。
佐助稲荷神社 拝殿は工事中、本殿が倒木のため全壊。
お参り再開は目途がたっていませんが、お守りや御朱印を取り扱っている社務所は通常通り受付をしています。 
佐助稲荷①   
2019年9月10日撮影
朝夷奈切通し 横浜市側と鎌倉市側で土砂崩落があり、通り抜けができなくなっていますので、ご注意ください。なお、通行止めについての詳細は横浜市のホームページ<外部リンク>をご参照、または横浜市金沢土木事務所045-781-2511までお問い合わせください。
鎌倉市道水路管理課のツイッター<外部リンク>でも情報発信しております。
※現時点(令和元年11月25日)では復旧の予定は未定です。

*上記のほかにも当協会フェイスブック<外部リンク>ツイッター<外部リンク>でも情報発信しておりますので、ご確認下さい。

 

鎌倉市災害支援寄附を受け付けしています 

台風15号による影響は、現在は上記のとおり、ハイキングコースや佐助稲荷神社等にその爪痕を強く残すほか、
一部の施設に影響が残っている状況となっておりますが、当初は市内全域において土砂崩れや倒木、大規模な停電など甚大な被害が発生しました。

これにより、市民生活への多大な影響のみならず、鎌倉を形成するみどりやハイキングコースなど、観光客の皆さんに馴染みの深い場所にも、大きな被害が出ています。

現在、市一丸となって復旧作業に取り組んでおります。
できましたら、一日も早い復興のために、鎌倉を愛する皆さんからの温かいご支援をお願い申し上げます。

ふるさとチョイス災害支援鎌倉市ページ<外部リンク>

 

  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>