ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【プレスリリース】観光案内所に外国人バリアフリー旅行相談窓口を設置

 公益社団法人鎌倉市観光協会(大森道明会長)は8月26日(月)、国土交通省観光庁が公募する「バリアフリー旅行相談窓口に係る実証実験事業」に採択されました。これに伴い、JR鎌倉駅東口にある「鎌倉市観光総合案内所」において、観光で訪れた外国人障害者への案内対応の充実を図るため、外国人障害者の受入れに向けた人材育成、周辺宿泊施設のバリアフリー調査、多言語によるバリアフリー情報の発信ツールの作成に着手していきます。また、同事業を推進するにあたり、高い専門知識を有するNPO法人湘南バリアフリーツアーセンター(榊原正博理事長)と連携体制をとり、対応していくこととします。
 全国に先駆けて、本格的なユニバーサルツーリズムに対応した観光総合案内所の展開を目指します。
     観光案内所
         JR鎌倉駅東口にある観光案内所
 プレスリリース [PDFファイル/165KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>